読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

IDFC2017 Day7

みなさんこんにちは〜!

IDFC日本側実行委員会マネジメント(管理)担当の山崎です!

Day6の記事にも説明がありましたが、Day7はシンポジウムの日でした。

 私たち実行委員にとってはこの日がIDFCの活動を広めるビッグチャンス!

参加者にとってはこの日がIDFCで議論してきたことの集大成を見せるとき!

実行委員、参加者ともにIDFCオリジナルTシャツに、MVC中山さやか様より協賛品としていただいたロンジー(ミャンマーの民族衣装)を身に纏い、気合いを入れてこの日を迎えました。

f:id:idfc-jp-2016:20170315033119j:plain

廊下には各分科会グループのポスターを掲示。

f:id:idfc-jp-2016:20170315033138j:plain

各スポンサーの企業紹介ブースに現地学生が興味津々の様子。

f:id:idfc-jp-2016:20170315033208j:plain

メディアの取材にも慣れた様子で応える両国参加者。

 

午後からは現地学生をホールに招いてシンポジウムイベントを開催しました。

弊団体挨拶に加えて、在ミャンマー日本国大使館の古賀俊行様、ヤンゴン大学のPho Kaung学長、J-SATの西垣充様、Star Ticket創設者Ma Thet Mon Aye様より基調講演をいただきました。

f:id:idfc-jp-2016:20170315033224j:plain

基調講演の様子。

f:id:idfc-jp-2016:20170315033311j:plain

ご出席いただいたスポンサーの皆様と。

f:id:idfc-jp-2016:20170315033324j:plain

その後は各分科会グループが壇上でプレゼンを行いました。

f:id:idfc-jp-2016:20170315033337j:plain

参加者の発表を楽しげに聞く現地学生。

現地学生は、気に入ったプレゼンをしたグループのブースへ行き、30分間のワークショップに参加することが出来ます。

f:id:idfc-jp-2016:20170315033353j:plain

ワークショップの様子。

それぞれの分科会グループが1週間を通じて経験したことや学んだことを現地学生と共有し、現地学生を交えたディスカッションを行います。ワークショップのスタイルはグループごとに異なっていて、それぞれのカラーが出ていました。

f:id:idfc-jp-2016:20170315033404j:plain

議論を重ねた後は、現地学生とすっかり仲良しに。

笑顔と話の絶えないワークショップでした。

 

ワークショップ終了後は、場所を移動して中華レストランへ。

中庭のスペースとステージを貸し切って、IDFC2017の修了式を行いました。

f:id:idfc-jp-2016:20170315033428j:plain

こうして代表より各国参加者ひとりひとりに修了証が手渡されました。

f:id:idfc-jp-2016:20170315033444j:plain

食事の後は、全員にマイクがまわり、それぞれがIDFCを締め括るスピーチを行いました。

「1週間の宝物のような時間をありがとう。」

「これからもずっと、ずっとよろしくね。」

「IDFCを通して得たことを必ず将来に繋げたいと思います。」

それぞれが思い思いに一言ずつ発表していきました。中には感極まって涙を流す人も...。

 

このようにして長い1日が終了し、ホテルへ帰りました。

両国の参加者が時間を共に出来るのもあと1日です。

 

IDFC2017 Day6

 

 ミンガラーバー!こんにちは!

 

 IDFC2017実行委員会 渉外の齋木亮作です。今回はDay6で行ったグループワークについてご紹介します。

 

 Day6ではDay7に開催したシンポジウムでの発表に向けて、日本とミャンマーの学生が一体となってグループ発表の資料やポスターの作成を行いました。

 f:id:idfc-jp-2016:20170314005726j:plain

 IDFC2017の新たな試みとして分科会を設けて、参加者の皆さんにはEducation and Career、Community Development、International Relationsの分野に分かれて各自が興味や関心がある分野についてフィールド調査を行い、議論していただきました。そこで議論した内容をポスターやパワーポイント資料として形にしていきました。

 

f:id:idfc-jp-2016:20170314005903j:plain

 手探りで考え、何を発表するのかを考えていきました。ポスターの絵にもこだわり、グループの仲間で話し合いながら着々と形にしていきました。

 

f:id:idfc-jp-2016:20170314010213j:plain

 納得のいくポスターが完成し、満足のご様子。

 

f:id:idfc-jp-2016:20170314010539j:plain

 シンポジウムは多くの視聴者の前での発表があり、大スクリーンを使ったプレゼンテーションがあります。納得のいくパワーポイントのスライドを作るために、みんなで熱心に話し合い、細かいところも丁寧に作って発表に備えました。

 

 Day6では単にシンポジウムに向けての準備を行っただけで終わりではありません。話し合った議論の内容を、聴講者にとっていかにわかりやすくまとめるのかが大きな論点となり、どうしたらわかりやすくなるのかを熱心に考えました。言語の違う者同士が英語という外国語を駆使し、意思疎通を図り一つの成果物を作っていく。その中には個人が考える想いや感情が込められていました。

 

 

IDFC2017 Day5

皆さんこんにちは、IDFC実行委員の遠西義治です。

IDFC2017の様子をお伝えしている本ブログも遂にDay5の紹介となりました!

Day5は主に以下二点のコンテンツで構成されていました。

①Tagu Film Event

②Networking Dinner

それでは1つずつ紹介していきます!

ーーーーー

【Tagu Film Event】

Day7のシンポジウムに向けて、Day5の午前中は分科会ごとに議論を進めていました。

タイトなスケジュールで疲れているかもしれないと、議論を始める前にチキンダンスという奇妙かつ愉快なダンスを皆で踊りました。

 

f:id:idfc-jp-2016:20170312190906j:plain

はじめは恥ずかしがっていた参加者もだんだんと楽しみ始めました。

 

f:id:idfc-jp-2016:20170312191439j:plain

Tagu Film Eventでは、ミャンマー国内でドキュメンタリー映画を製作しているTagu Films Production Myanmarの方々をお招きし、「This Land is Our Land」と「The Last Straw of Hope」という作品を観ました。

 

f:id:idfc-jp-2016:20170312191231j:plain

映画を観終えた後には簡単な質疑応答を行い、別室に移動した後には映画を通して感じたことをもとに議論を行いました。

 

【Networking Dinner】

Tagu Film Eventの後には、IDFC2017プログラムの中の重要なものの一つとして据えているNetworking Dinnerが待っていました!

 

f:id:idfc-jp-2016:20170312191647j:plain

こちらが会場の様子です

 

Networking Dinnerでは、IDFCをご支援していただいている方々やスポンサー、本会議にて登壇してくださった方を交えて、社会人×IDFC2017参加者で食事を楽しみながらお話しました。

普段の学生生活ではお会いする機会のない方々と積極的に話していた参加者1人1人の姿勢に、実行委員である私は驚き、関心しました。

 

f:id:idfc-jp-2016:20170312191954j:plain

写真のように、丸いテーブルを囲むようにして参加者とゲストの方々がお話していました。

 

 

f:id:idfc-jp-2016:20170312192250j:plain

Day5を通して、多くの参加者がIDFCの魅力を感じ取ってもらえたような印象がありました。IDFCという場を上手に活かして、参加者も個々人の関心ごとについて友人となった参加者同士や、今回のような貴重な場で知り合った社会人の方に熱心に話している様子も見受けられました。少しずつ少しずつ、参加者の間で心境の変化や思うところが生まれてきたのかもしれません。

IDFC2017 Day4

皆さんこんにちは、IDFC広報の遠西義治です。

今回はIDFC2017のDay4の紹介をしていきます!

Day4は本会議のまさにど真ん中。そして後半へのスタート日でもありました。

この頃には日本側とミャンマー側の参加者同士もすっかりうちとけていた様子でした!

参加者の中には、「あっという間に4日目になってる!」と驚いている方もちらほら。

そんなDay4を紹介するにあたって、以下の3点に焦点を当てていきたいと思います。

  1. 日本人墓地の訪問
  2. グループディスカッション
  3. Cultural exchange exhibition(日緬間の文化交流体験)

 

【①日本人墓地の訪問】

Day4の午前では、ヤンゴン郊外にある日本人墓地へ訪問しました。

長年ミャンマーで生活をしている池谷さんを講師として招き、日本人墓地の案内をして頂くと共に、第二次世界大戦時、日本軍が当時の英国領インドであったビルマに侵攻していた過去についてお話してくれました。

 

f:id:idfc-jp-2016:20170309230256j:plain

敷地内の石碑です。

 

日本人墓地を後にして、次に私たちが向かったのはCentre of excellenceという施設。池谷さんをプレゼンターに迎えて、第二次世界大戦以前の、或いは英国領インドになる前のビルマ(現ミャンマー)がいかに強大な国家であったかを紹介していただきました。

タイに留学中の私としては、この事実はタイの世界遺産の一つであるアユタヤ遺跡群を訪問したときに実感しました。(行ったことのない方はぜひ!)

 

f:id:idfc-jp-2016:20170309232724j:plain

昼食では、先ほど触れたように、参加者同士がすっかりうちとけながらシャンヌードルを楽しんでいたようです。

 

【②グループディスカッションBeyond the Changeとは…】

昼食を楽しんだ参加者たちが次に向かったのは、本会議ですっかりお馴染みの会場となったDiamond Jubilee Hallです。

ここで分科会ごとに分かれ、「Beyond the Change」とは何かについて、分科会ごとに話し合ってもらい、発表し合う場となりました。

 

f:id:idfc-jp-2016:20170309232523j:plain

ポストイットを有効活用しながら、参加者一人一人が思い思いに自分たちの意見を交わし合っている様子がとても印象的でした。

 

【③Cultural Exchange】

Day4の最後を飾ったのは、参加者たちにとって待ちに待った?分化交流の時間でした。

IDFC2017の本番前に、各国の参加者同士で事前に話し合って用意してもらった様々な出し物をテーブルに並べていました。

 

f:id:idfc-jp-2016:20170309230026j:plain

ミャンマー側の出し物。なかなか可愛いです。

 

f:id:idfc-jp-2016:20170309230618j:plain

こちらもミャンマー側の出し物。異文化ですね。

 

f:id:idfc-jp-2016:20170309231718j:plain

書道に挑戦するミャンマー人参加者も。

 

f:id:idfc-jp-2016:20170309232131j:plain

お二人ともお似合いです!

 

f:id:idfc-jp-2016:20170309230916j:plain

Day4を通して、日本側とミャンマー側の参加者の仲が一層よくなったのではないでしょうか。ミャンマーを舞台に、日本とミャンマー両国の間に忘れてはいけない過去があることを学び、自分たちの現在があることを学んだと思います。

本会議以降も両国の参加者がこのことを覚えておくことも、2国間の将来にとって非常に重要なことなのは間違いないでしょう。

 

 

IDFC2017 Day 3 ~International Relations分科会~

こんにちは!

IDFC企画担当の塚本沙世です。

私はIDFCを通して、International Relationsというグループのファシリテーターとして、参加者のみんなと一緒に勉強し考え活動しました!

 

International Relationsとは、ミャンマーと日本における経済や政治的繋がりや、これからの関係性構築に向けて、、、といった大きく夢いっぱいのトピックが話し合われました。その他にも、ミャンマー国内の民族紛争や伝統文化についても、熱く議論が交わされました。

 

さて、そんなInternational Relationsのグループはフィールドワーク先として、3つの施設に訪問させて頂きました。

 f:id:idfc-jp-2016:20170304040538j:plain

JETRO

JETROでは日本とミャンマーの経済的繋がりについて、講演をして頂き、そのあとの質疑応答では参加者とJETRO職員の方の間で、活発な議論が交わされました。その中でも、人口ボーナスについて深く語って頂き、タイに進出している多くの日本企業がこれからミャンマーに来るだろうと予想されていました。

ちなみに、ミャンマーの人口ボーナスはこれから先10年〜20年にピークを迎えるそうです!

f:id:idfc-jp-2016:20170304040530j:plain

 

②Yangon Stock Exchange(ヤンゴン証券取引所

ヤンゴン証券取引所は、国営ミャンマー経済銀行と、日本の大和総研日本取引所グループの合弁企業により、2014年12月に設立されました。

設立の経緯から、これからのvisionについて語って頂きました。

f:id:idfc-jp-2016:20170304040609j:plain 

③Yangon Region Parliament

ここでは実際に政治に関わっている政治家の方々と、意見交換する機会をいただきました。通訳してくださる方もつけて頂き、お菓子とお茶までご馳走になり、心こもったおもてなしをして頂きました!ありがとうございます。

 f:id:idfc-jp-2016:20170304040614j:plain

 

 

一日を通して、様々なところへ訪問をし新たな気づきや視点を得られた気がします。IDFCだからこそ経験し学べる機会がある。参加者のみんなにとっても貴重な経験になっていたら幸いです。

f:id:idfc-jp-2016:20170304040623j:plain

 

IDFC企画 塚本

IDFC2017 Day3~Education and Career分科会~

皆さんこんにちは、実行委員の遠西です!

今回はday3でのEducation and Career分科会のField workについて紹介していきます。

 

Education and Career分科会ではその名の通り、ミャンマーにおける教育とキャリアの現状について学び、今後の在り方について考えさせるような場所への訪問をしました。具体的に挙げていくと…

  1. Japan Heartによるミャンマー養育施設Dream Train
  2. Palami Institute

の2か所になります。

 

それでは、1つずつ紹介していきます!

 

--

 

f:id:idfc-jp-2016:20170301213401j:plain

一番初めに訪問したのは、国際医療ボランティア団体Japan Heartが2010年に開設したミャンマー養育施設Dream Train。現在、187人の子供たちが暮らしており、6歳から21歳までの子供たちが入所しています。ここでは子供たちに衣食住、学習可能な環境を提供しています。

 

f:id:idfc-jp-2016:20170301213435j:plain

子供たちの多くは、カチン州・シャン州の出身のためか、施設内の見学ではキリスト教徒のための礼拝堂も見ることができました。

一番新しい施設では、1階部分が図書室に、2階は日系企業の支援によってパソコン室が設けられていました。子供たちの生活する建物の中にも入り、参加者と子供たちが交流する機会にも恵まれました。

 

f:id:idfc-jp-2016:20170301213139j:plain

ダンスを一緒に踊る場面も…

 

f:id:idfc-jp-2016:20170301212055j:plain

子供たちが普段食べている食事を、参加者も一緒になって食べました。

 

 

次に訪問したのは、Parami Insitutueというリベラルアーツスクール。欧米諸国の学生のような論理展開を身に着けたミャンマー人の学生たちと、「Education system in developing stage」というテーマの下、発展途上の国における教育の現状・在り方について議論を交わしました。

 

f:id:idfc-jp-2016:20170301213909j:plain

実行委員もディスカッションに参加しました。

 

f:id:idfc-jp-2016:20170301214715j:plain

時には、熱の入った意見を展開する学生もちらほらと

 

f:id:idfc-jp-2016:20170301214044j:plain

教育に関心の持つ学生がミャンマーには多くいるのだということを、身をもって知ることになった場となったと思います。

 

 

IDFC2017 Day 3 ~Community Development分科会~

みなさんミンガラーバー!
日本側副代表・企画の和田幸子です。

 

私からは、Day3のCommunity Development分科会のField workについてシェアさせて頂きます。

私たちは、マイクロファイナンス・プロジェクトの視察を、ヤンゴン郊外にて行いました。
そこは、Socio Lite Foundation(Non-profit microfinance organization)Linklusionマイクロファイナンス機関に対してITシステム導入・コンサルティングを行う株式会社)が共同して貧困層の生活水準を底上げする」ことを目指してプロジェクトを進めていました。

 

*ちなみに、Linklusionは黒柳さんが代表を務めるベンチャー企業です。去年夏のインタビュー記事もご覧ください。

idfc-jp-2016.hatenablog.com

 

この日に行ったことは4つです。
⑴U Naing Winnさん(Socio Lite Foundation, founder&president)と黒柳さん(Linklusion, managing director)とのディスカッション
⑵集会の見学
⑶家庭訪問・インタビュー
⑷ソーシャルマガジンのコンテンツを考えるワークショップ

 

それでは、順にご紹介します!

 

--------------------------

 

U Naing Winnさんと黒柳さんとのディスカッション

テーマはミャンマーの貧困はなくなると思うか?もしそうならいつ?」

 

f:id:idfc-jp-2016:20170228141520j:plain
(真ん中で話されているのがWinnさん、その左にいらっしゃるのが黒柳さん)

 

Winnさんはパッションに溢れる方ですが、この質問に対してこれまでのご経験や知性に基づいた厳しい回答をいただきました。

 

“Poverty is endless.”

私にとっても、参加者にとっても心に刻み込まれた言葉でした。

 

Winnさんからこの言葉を聞き、貧困というのはそれだけ深刻な問題であり、しかしながら、それに対して取り組み続けることも同時に大切なことなのだと感じました。

 

“They have to recognize themselves poor.”

この言葉も個人的につよく残っています。

 

貧困層の人々は、自分たちが相対的に所得が低く、生活や衛生、教育等の水準が低いことを認識していない人が多く、それをWinnさんは問題だとおっしゃっていました。

 

たとえ貧困層であっても、幸せを感じている人々はたくさんいます。

むしろ、自分より上の人の存在を知ると比べてしまい、劣等感を感じるなど、むしろ不幸せになるのではないか、そう考えることもできます。

 

しかし、Winnさんも黒柳さんも、やはり生活水準が低いことには良くならないのだから、彼らのあらゆる水準を上げ、機会を増やすことで、よりインクルーシブな社会にすることの重要性を訴えていました。

 

“Educate. Transform, Uplift.”

これは、Socio Lite Foundationのキーワードです。

 

人というのは結局どんな状況であっても他人と比べてしまう生き物だと感じます。だったら、あなたは貧しいと伝えることに対して、一概に彼らを不幸にするとは言えないと感じました。

 

むしろそれを伝えた上でいかに彼らをモチベートしていきTransform. Uplift.していくかが大事なのだなと感じることができました。

 

 

集会の見学

マイクロファイナンス事業では、支援をしている方々(主に女性)の地域にて、週1回程度の集会を行います。

お金の使い道や、増やし方、Socio Liteの規則を一緒に読み上げるなどといったことを行います。

ちなみに規則はこちら⤵
Code of Conduct
1. I promise to work hard and smart.

2. I promise not to engage in any type of gambling activities.

3. I promise not to take advantage of others, will live in harmony with my community, and will aid those who need help.

4. I promise to save money.

5. I promise to ensure my children regularly attend school.
6. I promise to take good care of my family.

f:id:idfc-jp-2016:20170228134020j:plain
(集会の様子.左下の男性がSocio Lite Foundationの方.並んでいるのが支援を受けている女性方) 

 

 

 

家庭訪問・インタビュー


支援を受けている女性のご家庭に実際に訪問し、インタビューをしました。

f:id:idfc-jp-2016:20170228134643j:plain
(グレーの服を着ている方にインタビューしました。)


夫の稼ぎで基本的には生活しており、女性自身が稼いだお金は貯金しているとのことでした。しかし、それだけでなく地域のための寄付金にもしているとのことでした。

また、お二人は子どもはいないけれど小学生くらいの女の子がいました。日本では普通考えられない"遠い親戚"と言える関係でありながらお世話をしているようでした。家族や地域の結束のつよさのようなものを感じました。女の子のご両親は中国の方で働いているとか・・出稼ぎでしょうか。

 

 

 

もう一軒訪問しました。

 

女性のご家庭に訪問して早々、ミャンマーならでは!なことが起きました。

すぐにインタビューが始まるかなと思ったのですが、なかなか席に着こうとしない。
どうしてかなと思ったら、お家にある仏様にお祈りをするところの近くには、男性で目上の人が座るのだそうです。

 

f:id:idfc-jp-2016:20170228135527j:plain

(右の女性の方にインタビューしました.左上の棚の一番上に仏壇?のようなものがありました)

 

IDFC参加者の日本人みゃんまー人男子二人が、仏壇に近い方をひたすら譲られ座ることになりましたw

 

 

ソーシャルマガジンのコンテンツを考えるワークショップ


Linklusionは、マイクロファイナンスの支援を受ける人々が、必要な情報が十分に得られないということで、彼女らを対象にした無料のマガジンを発行しています。その名もMango!

このワークショップでは、まずLinklusionでインターン中の日高さん(大学生)に、Mangoを作ることになった経緯や読んでいる人々の詳細、そして創刊号について話していただきました。

そしてそれらとインタビューしたことを参考に、IDFC参加者は次なるマガジンのコンテンツアイデアを考え、発表しました。

f:id:idfc-jp-2016:20170228140735j:plain
(発表に向けたグループワークの様子)

 

f:id:idfc-jp-2016:20170228140923j:plain(発表の様子.マイクロファイナンスの支援を受けてどのようにして女性が成功していったかを取り上げる記事を提案してくれました)

 

★英語を気軽に触れられる1ページ
★最近変更があった教育制度についての記事

などなど、様々なアイデアが出されました。

 

 

 

------------------------

 

最後に、このフィールドワークでは、日本人のみならずミャンマー人参加者にとってもはじめて訪れるような地域だったという声があり、刺激ある機会になったのではないかと思います。

 

f:id:idfc-jp-2016:20170228141215j:plain
(最後にみんなで写真を撮りました.前列左から4番目の方が日高さん。ワークショップの企画ありがとうございました)

 

今回このような機会をくださったSocio Lite Foundation及びLinklusionの皆様ありがとうございます!