1年ぶりのミャンマー。「変わったもの」と「変わらないもの」

こんにちは!企画担当の中田です!!

IDFC本会議に備えるため、ミャンマーへ事前渡航をしました。

今回で4度目のミャンマー渡航。タクシーの値段交渉はすっかり慣れました。

 

昨年度は1年間、デンマークに留学していたのでミャンマービルマ)にくることはできず、1年ぶりのミャンマー渡航となりました。

飛行機を降りると、懐かしい匂い。ミャンマーの空港は、仏教の国だからでしょうか、田舎のおばあちゃんの家のような匂いがします。

 

「あぁ、変わってないなぁ」と思いながら入国審査に向かって歩いていると、目の前に飛び込んできたのは驚きの光景でした。

 

 

「空港、めっちゃ綺麗になってる、、、」

 

f:id:idfc-jp-2016:20170913162145j:plain

(↑出国の時のロビーです)

 

空港はリニューアルされており、ピカピカになっていました。驚きはこれで終わらず、、、

 

「あれ、WiFiもはやいぞ、、、」

 

インターネットに接続するのは時間がかかると思い込んでいたのですが、そんなことは杞憂でした。到着したことを伝えるため、ホテルにいる仲間への連絡、、、、の前に「ポケモンGo」。ヤンゴンに生息するコラッタを捕獲しました。笑

 

f:id:idfc-jp-2016:20170913163859p:plain

 

無事、ホテルにいる仲間と合流した後、自己紹介や本会議の日程を決めるミーティングを行いました。

 

私は企画を担当しているので、1週間ミャンマーに滞在している間、ひたすらテーマについて脳みそを使い、ベッドに倒れるまで意見交換をしていました。

(今年のテーマは「Happiness」です。詳しくはコチラです↓)

idfc-jpn-mmr.jimdo.com

 

1週間ヤンゴンに滞在し、人々と関わり、仲間と意見交換したことを通じて、

ミャンマーが「変わったな」と思うところと、「変わってないな」と思ったところがあったので、紹介したいと思います。

 

変わったところ①:ヤンゴンバス

私が知っているヤンゴンでは、日本の中古バスがヤンゴンの市バスとして使われ走っていました。

しかし、タクシーに乗っていると、、、

 

「なんだあれ。」

f:id:idfc-jp-2016:20170913165839j:plain

 

見たことない黄色のバスが大量に駐車されていました。

現在、ヤンゴンのバス停には路線図が表示されており、この黄色のバスが走っています。全てがこの黄色のバスになったわけではないですが、ヤンゴンの市バスとして、この黄色いバスが走っていました。

 

変わったところ②:若者の志向

IDFC本会議のテーマについて、ミャンマー側の仲間と議論を交わしていた時、私は少しの変化を感じました。

 

「もっとどうやって社会貢献するかに目を向けて行こう」

「政治の話だったすればいい」

 

長い間、軍事政権の下にあったミャンマーでは、若者が政治的な話を公共の場ですることは「タブー」でした。民政移管された後もそのタブーは残り、ミャンマーの若者が「政治的な話をしよう」であったり、「社会貢献」について話を切り出すことはなかったように思います。

 

しかし、今年はミャンマー側の実行委員がそのような話を持ち出してきました。

今年度のプログラムで政治的な話をするわけではありませんが、ミャンマーの若者が持ち出した「社会への志向」は、今年度のプログラムを彩る一つのFactorになるような気がします。

 

変わらなかったところ①:シェダゴンパゴダに流れる日常

社会インフラや若者の志向が変化する中でも、変わらないものがありました。

それは、シェダゴンパゴダに流れる日常です。

f:id:idfc-jp-2016:20170913171551j:plain

(↑パゴダの上に虹がかかっていました!)

 

ミャンマー人のほとんどは仏教徒です。ミャンマー仏教は日本の仏教よりも厳格な上座部仏教であり、人々と宗教の距離はすごく近いです。特に、シェダゴンパゴダはミャンマー人にとっても特別な場所であり、ミャンマー側の実行委員の一人は、

「なんど来ても意味のある場所。」

と教えてくれました。

 

シェダゴンパゴダには様々な顔があります。

お経を唱える祈りの場。

一息つく休憩の場。

子供たちが走り回る遊びの場。

家族写真をとる家族の場。

カップルが訪れるデートの場。

 

人々と宗教が近いからこそ、シェダゴンパゴダはミャンマー人の日常の一部となっています。社会や志向が変化しても、普遍的に変わらないものがシェダゴンパゴダには流れています。シェダゴンパゴダに流れる時間は、尊く、美しく、鮮やかです。

 

 

”Happiness”というテーマについて

ミャンマーの「変わったもの」と「変わらないもの」に触れながら、今年度のテーマは決まりました。

 

 

変わっていくことによって生まれる「豊かさ」

変わらずにある普遍的な「豊かさ」

 

 

人々はどのような幸せを目指して、「豊かさ」を求めるのでしょうか。

私たちが目指すべき将来はどんな姿なのでしょうか。

自分の幸せってなんなのでしょうか。

社会の幸せは?

 

このような疑問を真正面から考えたいという想いから、プログラムをつくっていきます。みなさんもHappinessとは何か考えてみませんか?

 

日本人側参加者のプレエントリー始まっています。

ぜひ一度、HPをご覧になってください。

idfc-jpn-mmr.jimdo.com

 

ティラワ港へ訪問しました!

8月中旬のミャンマー渡航では、

IDFC2018で訪問する可能性のあるスポットへの事前見学も行いました。

 

今回紹介するのはその一つ、ティラワ港です!

 

私たち実行委員メンバーの滞在していたホテルからタクシーで1時間ちょっと。

渋滞に巻き込まれない午前中を狙って出かけました。

 

ティラワ港は南東側のヤンゴン郊外に位置しており、

いくつもの日系企業が関わっているティラワ経済特区に隣接しています。

 

渉外を担当している日本側とミャンマー側のメンバーで、

ティラワ港のMITT(Myanmar International Terminal Thilawa)というターミナルを訪問。

 

MITTの役割や変遷、その意義についての紹介プレゼンを聞くことが出来ました!

下の写真は、MITTのオフィス入口で撮ってもらいました。

f:id:idfc-jp-2016:20170912232119j:plain

 

ティラワ経済特区知名度だけでなく、

海からの玄関でもあるティラワの港にも今後注目していきたいです…!

ヤンゴン教育大学でインタビュー!情熱あふれる学生たち

Pre-IDFCイベントの関係で、日本側実行委員もヤンゴン渡航していた8月中旬。

 

その期間中、ミャンマー側実行委員に招集をかけてもらい、インタビューを行いました。その名も「Happiness Research」。普段彼、彼女らがどのような場面で幸せを感じるのか掘り下げていきました。

 

質問項目は、例えば「普段どのようなことに幸せを感じるの?」「将来の夢はある?」といった感じです。

ちなみに、インタビューします!といって来てくれた子はザッと15名!下の写真が参加してくれた内の数名です。彼らは全員2年生のクラスメイトで、なんと18歳!!

f:id:idfc-jp-2016:20170912032227j:plain

インタビューに来てくれた学生たち。

 

読書をすること、友達と一緒にいること、なんと図書館で勉強をすること、という子もいて、なんとも真面目な学生だと感じました。そもそも娯楽がまだまだ揃っていないミャンマーでは勉強には打ってつけなのかもしれません。

 

一番驚かされたのは、「今幸せですか?」 という質問に対する答えでした。その女の子は、「はい」と答え、その理由として「今こうやって外国人のあなたと話せて、色々な新しいことを知ることができるから」と答えたのです。彼女ストイックすぎる!!!

 

でも確かにここに集まって来てくれた2年生の子たちは日本人の我々と話をすることを楽しみに来てくれたのです。

 

この瞬間ハッと気づかされました。これがIDFC の価値なんだと。IDFCのプログラムには毎年多くのミャンマー人の学生が応募してくれています。ヤンゴンの学生といえども外国人と交流し、共に考える機会はまだまだ多くないそうです。

 

彼らの幸せに近づけるようにIDFC2018を作り上げなければと彼女たちが奮い立たせてくれました!

最後にみんなとセルフィー! 

f:id:idfc-jp-2016:20170912032234j:plain

IDFC2018 Pre IDFCのその後 ~MPTと商工会議所~

ミンガラーバー!!

企画担当の青木美奈です♡まだヤンゴンにいます!

20日にIDFC日本側の実行委員のほとんどが帰って、

残ってた数名も一人、また一人、、と帰っていき、

ついに昨日、我らが代表幸子さんまで帰っていき、、、

ついに私一人ぼっちになってしまいました、、、

f:id:idfc-jp-2016:20170831173753j:plain(これは幸子さんが私の枕元に残していったラブレターです)

でも大丈夫!!私は今日も明後日もミャンマー人の友達に会うんです!寂しくなんかない!

先週はカヤー州に住む友達が私に会うためだけに片道15時間かけてヤンゴンまで会いに来てくれたんです♡本当に素敵な友達をたくさんもって私は幸せです♡

 

それでそれでどうして私がまだヤンゴンにいるのか、ですよね!

実は私、今ミャンマーで大人気でとっても有名なMPTという通信事業の会社でインターンをし始めたんです!

MPTの紅野さんに頼み込んで叶ったチャンス。無駄にしないように日々頑張っています!

なんと日本人初インターンということらしく、本当に皆さんに優しくしていただいてます。

もうすぐで帰らなければならないんですけど、皆さんと別れるのが悲しいです。

 

そしてMPTはIDFCにとって欠かせない存在でもあります。
本当にたくさんのサポートをしていただいてるんです。

f:id:idfc-jp-2016:20170831180240j:plain

(IDFC2017年度 MPT紅野さんによる講演の様子)

紅野さん、福間さんを中心にIDFCにいつも関わってくださっており、もうIDFCのみんなはMPTが大好きです♡(笑)

 

先日も、幸子さん、りつさん、そして私が、超超超おいしいレストランの和食レストランでMPT紅野さん、福間さん、そして小澤さんにご馳走していただきました。

 

紅野さん関係でもう一つ。

 

f:id:idfc-jp-2016:20170831181221j:plain

これは昨日、私と幸子さんがミャンマー日本商工会議所でIDFCのプレゼンをしてきた時の写真です!

紅野さんと、住友商事の中川さんのおかげでななななんと!お偉いさんばっかりが集まる!商工会議所で20分のプレゼンする機会を設けていただいたんです!

 

初めはほんとにもうガッチガチで!!

なんといっても渉外活動で会う人会う人に「商工会議所でいかにアピールできるかだね」と言われるほど、この商工会議所にIDFCの将来がかかってたんですから!!

今年は特に資金的に厳しいIDFC。

ここで協賛獲得に命をかけていました。

 

お偉いさんであふれている商工会議所でしたが、いざ部屋の中に入るとにこやかな中川さんが。

後からどんどんやってきたお偉いさん達もとっても暖かく良い人たちで安心しました。

 

終わった感想としては、「悪くはないんじゃない?♡」という感じです!(笑)

ひとまず、ほっとしました。

 

それでは残りのミャンマー生活も充実させていきます!

f:id:idfc-jp-2016:20170831182739j:plain

(私withヤンゴン動物園のゾウ達(ちかすぎ))

(私のカバンはIDFC協賛のロゴ入りバッグですよ♡愛用してます)

 

タイトルはこれでよかったのか、、と疑問は残り続けますが、

とりあえず終わらせていただきます!

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

 

IDFC実行委員企画

青木美奈

 

 

 

 

 

Pre IDFC8日目 Pre IDFCevent♩

 

ミャンマーからミンガラーバー!

Pre-IDFC8日目のブログを担当します、ハルですー!

 

ミャンマーは雨期ですが、今回あまり強い雨に降られることもなく、

快適に過ごしています♩!

 

さて、Pre-IDFCのメイン、Pre-IDFCeventを

ヤンゴン教育大学(Yangon University of Education)で開催しました。

IDFCに興味を持ってくれた学生90名ほどがホールで

今年度のテーマ"Happiness"について話し合いました。

 

f:id:idfc-jp-2016:20170828212934j:plain

f:id:idfc-jp-2016:20170828022914j:plain

 

自分をhappyにしてくれるものはなんだろう?

どういうときにhappyを感じるんだろう?

逆に自分がhappyになれない理由ってなんだろう?

 

等の"happiness"にまつわる質問を学生たちに問いかけ、

付箋と模造紙を使って班で共有してもらい、全体でも共有してもらいました!

 

f:id:idfc-jp-2016:20170828023054j:plain

こちらは人生における原動力について参加学生に書いてもらって、手形と合わせて虹のかかる空の絵を作りました♩

 

 

学生たちが少しでも"happiness"の多様性を感じ、そこから何かを感じ取って行動を起こせるきっかけになれたらわたしたち実行委員もhappyです!

 

そのあとは日本の文化紹介をしました!

初めて触れる、日本の遊びに興味津々といった様子で喜んでくれました。

 

2月の本会議でもぜひ日本文化・ミャンマー文化についての理解を深められる機会を作っていきたいです。

 

f:id:idfc-jp-2016:20170828022901j:plain

今日参加してくれた学生たちにまた2月、ヤンゴンで再開出来ると嬉しいです。

 

 

最後まで読んでいただいてありがとうございました♩

 

IDFC2018実行委員

加藤春奈

 

Pre-IDFC 6日目 大使館に訪問してきました!

こんばんは!今日は副代表の奥山りつがヤンゴンからお伝えします!

 

今日は昨年度初めて大使館公邸でレセプションを開いていただいてから懇意にしてくださっている在ミャンマー日本大使館に訪問してきました。

 

実は私にとってこれが初めての渉外活動…うまく行くかな、噛まないかな、どんな方とお話しするんだろうと他のメンバーに質問しつつドキドキしながら大使館に向かいました。

3年間の成果報告、今年度の課題、どのように協働していけるのか等話すことはたくさんありましたが、IDFCの良さをしっかり伝えられたのか「会議をやっておしまいではなく目的が明確になってきた」とほめていただけました。

ホッと一息。ホテルに帰るなり辛ラーメンをすすりながら報告書を書いて幸せな気持ちになりました(笑)

 

Pre-IDFCもあと3日!まだまだ頑張ります^^

IDFC 5日目 !

ミンガラーバー!


Pre-IDFC5日目。

ヤンゴンから渉外の一輝がお届けいたしますー!


Pre-IDFCでは各方面より実行委員がミャンマーの首都、ヤンゴンに一同が揃い、日本ミャンマー両側の学生共同で活動を行います。


渉外部ではPre-IDFC期間中、弊団体にご協賛、ご講演、ご助成いただいております企業、団体様への訪問を主に行なっております。


実行委員の活動ではタクシーを利用することが多いですが、公共交通を利用するとミャンマー生活の風景に溶け込むことができます。


タクシーに乗る際、値段交渉にはじまり、目的地を伝えます。市内であれば1500~2500k(ミャンマーチャット)=150~250円で乗車することができます。


イギリス統治時代の名残からか片言の英語が通じることが多いと感じます。


ミャンマーでは以前、個人による自動車の保有は高額のライセンスが必要でした。中古車保有でも大変負担になっておりましたが、民政移管以降、自動車の保有、購入価格が下がり、新車、中古車共に普及したと感じます。


このように徐々に緩やかな変化を遂げていく、ミャンマーの日常を観察できるのは貴重な体験であると思います。


雨季シーズンのミャンマーですが、

実行委員メンバー一同頑張ってまいります!