OBからの応援を頂きました!【目標資金150万縁 現在54万縁達成!】

みなさん、こんにちは。
IDFC実行委員会の和田幸子です。

大変ご無沙汰しております。

先週末にIDFC2018日本側参加者の事前合宿、そして
その1日目の夜にIDFCの同窓会を開催しました♪

その同窓会で、OBから日本開催について温かい応援をいただいたので
そのことについて今日は書きたいと思います!

 

 


第2回目IDFC NEXT同窓会を行いました♪

 


ふだん個人的に他団体でとてもお世話になっている高田馬場にある
リスカフェ (Re: s cafebar & sweets) というアットホームなカフェにて同窓会を行いました。

 

f:id:idfc-jp-2016:20171213151535j:plain

 

www.birthofsmile.com



IDFC同窓会の素敵なところ:現役とOBの幹事がいっしょに企画する!

IDFCの日本側の同窓会は昨年度から開催するようになりました。
昨年度から同様で、今回も現役実行委員からの幹事だけでなく、
OBからも1名幹事を設けた上で企画や準備が進められました。

現役の幹事は広報担当の清水万由(まゆぽん)でした💕

OBからは昨年度代表の舘樹彦(みきさん)

 

IDFCのOBが、卒業したあとも常に現役のことを気にかけてくださっているそんな団体の雰囲気をここから感じていただけたらとても嬉しいです。

何度も何度もミーティングを重ね
まゆぽんらしく少しずつ着実に準備を進めてくれました♪

当日はとても緊張していたようですが、まゆぽんの司会のおかげで場が和んだ気がしております☺️

 

f:id:idfc-jp-2016:20171214130024j:image
(現役幹事まゆぽんの司会の様子♪)


 

自己紹介をしたり、さいころコロコロトークをしたり、みんなでいろんなお話ができたと思います。

 

そしてごはんも♪特別価格でご案内いただき、みんなお腹いっぱいおいしく食べられました😋

 

f:id:idfc-jp-2016:20171214115048j:image f:id:idfc-jp-2016:20171214115105j:image
(リスカフェの肉料理とデザート。オーナーシェフ前ちゃんごちそうさまでした!)

 

 

 日本開催にかける想いもご紹介しました!

 

IDFC2018アピールタイムという名で、現役実行委員からOBへ、
今年度の活動を紹介しました♪

 

まずはミャンマーでの本会議のテーマについて、企画担当の中田直志(なおくん)からなぜHappinessにしたのか、またそのねらいについてみなさんにお話しました。

 

こちらについては、なおくんには内緒でこっそりFacebook liveをしたので、動画がIDFCの Facebookページに上がっています♪

 

リンクを貼っておきます✌️

www.facebook.com

 

 

f:id:idfc-jp-2016:20171214121209j:image(なおくん発表の様子)

 



 
そして、日本開催。


ギリギリまで実はビデオが完成せず、なんとか作り終え
みなさんにお披露目することができました。


先輩方はどう思うのだろうか。


日本開催、うんなんか自然な流れだよね
それで、何するの?

本当に実現できるのかな〜・・


な〜んて実は思っていらっしゃるのではないかと心配でした..w

 

まずは、私たちがなぜこの4年目に、日本開催に踏み切ったのか。
正直に全てを話そうと思いました。


動画では、1年目〜3年目までの活動内容もたくさん盛り込みました。


それは、同窓会であったということもありますが、


何より私たちの今年度の日本開催プロジェクトは、
これまでの先輩方の歩んだ道を紐解き導くことができた答えであるから、
その道筋を共有せずには説明ができないからです。


5:40の少し長めの動画ではありますが、もしよろしければご覧ください。

www.youtube.com
曲:「東京リュックサック」/ lego big morl
写真:IDFCのみんな(特に過去の広報担当のみんな、なおくんの写真たくさん入っています。)
編集:和田幸子


 

 


現在、ミャンマー側実行委員を中心に、日本での会議内容を煮詰めています。

 


1. 日本で学び、それをミャンマーの若者や社会に共有すること

せっかく日本で学ぶ機会があるのだから、
IDFCだからこそ成果物を周りの人にも共有したい。

ミャンマーの人たちが、日本で共有するよりも
ミャンマーに帰ってから共有する方が意義が高いということから

2018年2月25日の飛行機で日本へ経ち
26日〜28日の3日間を日本で活動し
3月1日に飛行機でミャンマーへ帰ります。

そのあとミャンマーの学校はテスト期間に入るため、それが終わった3月下旬または4月初旬に、ミャンマーで成果物を何らかの形で発表をすることを決定いたしました。



2. 農業

ミャンマー側実行委員での話し合いの中で、日本で私たちが学び、帰ってからミャンマー社会の役に立つことは何かを考えたときに「農業」が出てきました。

ミャンマーの70%の人口は農村に住む、農業が主の国であるにも関わらず、農業に携わる人々の生活環境は十分とは言えません。

これは実行委員の一人Thae(渉外担当)が、日本の農業への取り組みを耳にする機会がありぜひやりたいと思ったことがきっかけだったのだそうです。

意義が高いということだけでなく、メンバー個人個人の想いもあるのが、この「農業」というトピックです。



3. 大学の教育とキャリア選択

大学生としてミャンマーのメンバーも課題を感じている、新卒の雇用について
また、多くのミャンマーの学生が口にする教育。

これらについてぜひ日本を参考にしたいとのことでした。

これについては、日本もまだまだなところであり、
日本のリアルを知ってもらうにはとても良い機会になるかもしれませんが、
何をミャンマーに帰ったときに活かしてもらえるのだろうかというところがはっきりしていません。


これらについて、引き続き議論をしていきますが、
ぜひみなさまご意見やアドバイス、またお知り合いのご紹介等ありましたら
どうぞご連絡ください。よろしくお願いします!




OBからのサプライズも..

 

f:id:idfc-jp-2016:20171214134127j:plain

エンディングでの悠さんからの挨拶にて
OB有志からの応援メッセージが詰まった色紙と応援金をいただきました。


「参加者も実行委員も、自分の将来の糧になるようIDFCを手段にし、成長していってください。」


悠さんからのメッセージは、これに集約されるのかなと個人的に感じました。

新たな参加者へ
実行委員はあくまでも土台を作っているのであってそれをどうするのかは参加者みなさん次第。まずは何よりも、参加者個人としてIDFCを存分に活用してください。


実行委員へ
例として、みきさんを悠さんは紹介してくれました。これもIDFCらしいなあと感じました😄
みきさんは、2年目実行委員からIDFCにジョインし、3年目代表を務めました。
2年目は就活などもあり100%の力を注げなかったかもしれません。(こちらはみきさんに聞いてみないと正解はわかりませんが、私の解釈で失礼します> <)


そんな2年目を終えて、そのままIDFCは卒業することもできたけれど、
悠さんにもう一年代表としてやってみたいと伝えたそうです。


そしてこの間、悠さんがミャンマーに行った際
3年目のミャンマー側代表と会う機会もあったそうなのですが

「みきは素晴らしいリーダーだった✨」と言っていたそうです。

みきさんも、IDFCの踏み台にして成長することができたというわけです。


今年度の実行委員が「挑戦」をテーマに日本開催に踏み出してくれたのはとても嬉しい。何が起きるかわからないけれど、どこまで行けるかわからないけれど

これを手段に、実行委員全員が挑戦し成長する機会になったら何よりです。



そうなことを悠さんは伝えてくださいました。

そう言えば、なおくんもそんなようなことしょっちゅう私に言ってくれてたなあというのも思い出しました。

やっぱりIDFCのDNAは引き継がれているんですね♪


みんなが挑戦し、成長する機会にするにはどうしたらいいんだろう?


もっと考えていきたいところです。


OB有志からの色紙
f:id:idfc-jp-2016:20171214135128j:image

f:id:idfc-jp-2016:20171214135145j:image


サプライズで、色紙まで用意してくださっていました。
本当にOBの皆さんありがとうございます!


この場にいられなかった方からもメッセージがあり、
中にはシンガポールで現在働く先輩からも✨


個人的には、あのめっちゃ具体性に詰め寄ってくる厳しい昨年度企画のキレキレ担当 川部好輝(ひじきさん)からも力強いメッセージをいただけたのが嬉しかったですw

昨年度同じ企画チームでしごかれていたので。。ww
ひじきさんありがとうございます。



また応援金として、合計9万円もいただくことができました。


f:id:idfc-jp-2016:20171214135441j:plain
(OB有志と現役実行委員)



「もうやるしかないね!」

現役実行委員たちがこんな言葉を何度口にしました。
OBからの応援ももらい、より一層現役の覚悟がつよくなった気がしています。


やるしかないです!!!



最後まで読んでくださり、ありがとうございます。
どうぞ応援よろしくお願いします!




 

 

 

 


日本開催プロジェクトにてスペシャル企画が進行中

IDFCの日本開催も、皆様の応援のおかげで
ミャンマー側の実行委員の飛行機および日本での滞在費として必要だった70万円のうち486,000円が集まり、残り214,000円となりました!!

もちろんそれ以外の食費や日本での交通費等々かかってくるため全体の目標金額は150万円ですが、ファーストステップがあともう少しで達成です。

もうまもなくスペシャル企画もスタートいたしますので、お楽しみに♪



さらに、新たにOBからご寄付をいただきました!

先日12/10の同窓会では、OBから素敵なサプライズと応援金9万円をいただきました。
本当にありがとうございます!


いつもお世話になっているMPTの紅野さんからもご支援いただきました。
紅野さんからは団体運営についてのアドバイスやご協力も日々いただいております。(12/2)

本当に皆さまご支援ありがとございます!


また、
ミャンマー側実行委員が各4万円分(ビザ発行費含む)の自己負担を表明してくれました!



どんな金額からでも構いません。
1000円、3000円、5000円なども受け付けております。
どうぞご支援よろしくお願いします!

 


日本開催目標金額: 150万縁


時期的な問題から一口1万円からいただけると嬉しい限りではありますが、
どんな金額からも受け付けています!
よろしくお願いします!

 現在達成金額(2017/12/14現在)

ついに・・・
54万縁 / 150万縁

 今後ご自身のご活動の売り上げの一部を寄付くださる方がいらっしゃいます。
本当にありがとうございます。


オンラインで寄付いただける機会を設定いたしました。
polcaというフレンドファンディングサイトです。

polca.jp

VISAまたはMasterのクレジットカードにてお振込くださいましたら完了です。
どうぞご支援よろしくおねがいいたします!

こちらは、システムの関係上、皆さんのスマートフォンにアプリをダウンロードしていただきかんたんな登録をしていただいて初めてご寄付いただけるようになっております..。皆さんには手間を取らせてしまうものばかりで申し訳ありません。

IDFCの口座もございます。
こちらのATMの開いている時間が限られていたり、
振込にもお時間をかけさせてしまいます> <
もしよろしければご支援頂けたらと思っております。

IDFC口座
ゆうちょ銀行
● 口座番号 普通預金 3313892
● 店名 四四八(ヨンヨンハチ)
● 口座名義 IDFC日本側実行委員会
 (アイディーエフシーニホンガワジッコウイインカイ)

 

ミャンマ在住の方はこちらからも受け付けております。

銀行名 カンボーザ銀行

●口座番号CALL DEPOSITS 061-501-22800308001 

●店名 KANBAWZA BANK Ltd (BHS)

●口座名義 DAW THANDAR AUNG